お金があればヤリ放題!

ヤリ放題
援助交際で知り合った女性とセックスやり放題です。
私は個人事業主でネットでいろいろと成功して現在稼いでいます。
だから月に遊べるお金は100万近くあります。
これを一種のお金もちと世間では読んでいるのでしょうね。
私はそのお金を援助交際に使っています。
若い子との交流を作るために神待ち掲示板に登録しては若い女性を見つけて会ってドライブに出かけたりデートをしたり食事をしたりして楽しんでいます。
自分が仕事をしていることは雇って違う人にやってもらえば昼間などは基本暇をもてあましていますので。
女性たちもお金をもっているというだけでくっついてくるんですよ。
今までネットの出会いで失敗したことは一度もありません。
10代の子とセフレになったこともありますし人妻をもてなしたこともあります。
自分は女性がいないと生きていけない程依存症になりかけている部分があります。
お金があるとなんでも好きなことができますからね。
セックスもこうしてとかああしてとか言えば女性はしてくれます。
顔もそこそこイケている方なので本気で好きになられたときはさすがに困ってしまったことがありますが、そのためにも一回限りの交際にしています。
そうすれば恋愛感情も生まれてきませんからね。
すべてのレディにもてなしをする役目であると自分では思っています。
セックスも時にはSになったり時にはMになったりして相手によって使い分けをしています。
若い子だとどうしてもこちらがリードしてあげないとなりませんからね。
人妻とかだとMになってやってもらって感じていますけどね。

なめられるのが好きな女性が多い!

なめられるのが

女性は男性よりもエロいです。
ですからセックス相手を見つけるときはインターネットの出会い系サイトを活用してみてください。
そこであれば簡単に見つける事ができますよ!
でも初めてやるとなかなか見つける事ができなかったりコツをつかむまでに時間がかかってしまったりしますよね?
クンニの大好きな女性を選びましょう。
あなた自身もクンニを好きになればいいのです。
女性のマンコなどをなめるなんて考えられないと思いますが、やっていればそのうち当たり前のようにセックス中に行うことができるようになります。
変な汁とか出てきておいしくないかもしれませんが女性はエロいです。
なめられることが大好きな人がいっぱいです。
首とか耳とかなめられたりするのも大好きな人がいますからね。
女性のほとんどは舐めるという事が大好きです。
自分が舐めるのは好きじゃないけど相手になめられるのは好きというのがほとんどですね。
だからクンニをしてあげると定期的に会うこともできるでしょう。
筆者の経験上から言わせてもらうとクンニはセフレをたくさん作らせるポイントの一つであるという事です。
なめたらその女性はトリコになること間違いありません。
挿入されるよりなめられるのが好き!という子の方がたくさん出会ってきましたので。
出会い系サイトで知りあった女性一人一人に聞いてみたんですけど、挿入よりもなめられる派が半数を超えていましたからね。
なので、クンニするのが好きと自己PRに書いておけば女性からアタックがくるかもしれません・・・。
そしたら自分でいちいち探す必要はないですよ!

セックスを上達させることができた

上達

あまりセックスをしたことがない女性と出会いました。
援助交際の掲示板で出会ったんですけど、彼女は20代を超えているのにも関わらずセックスの経験はあまりありませんでした。
今まで付き合った彼氏ともセックス気持ち良さを理解せずにやっていたみたいなんですよ!
これはセックスの気持ち良さをわかってもらわないといけないと思い私も頑張ってきました。
そして初めてフェラをさせたんですね。
そしたら最初はやっぱり動かし方とか歯が当たってしまったりして、失敗ばかりしていたんですけど会って1ヶ月ぐらいしたときにだいぶフェラが上手になったんですよ!
私も彼女のフェラでは全然イかなかったんですけど、だんだんうまくなめてくれることに我慢汁が出るようになってしまったんですね。
そしたら口の中に当然我慢汁が入っていくじゃないですか。
それがおいしかったのかわかりませんが、毎回フェラをするたびに我慢汁を出してほしい!
飲みたいとすごい大胆な発言をするようになったのです。
出したくて出すものではありませんよと言ったら自分がっ頑張ればいいんだなとわかったみたいでいつも会うときはフェラチオをしてもらっています。
最初の頃に比べるとかなり上達して私もうれしい限りでございます。
彼女は私のおかげでセックスのよさを理解することができるようになったしフェラもおいしいことが判明して今後彼氏ができてもセックスには自信がもてると思うといってお礼まで言われてしまいましたからね(笑)
笑ってしまいますよ。
でもこうやってセックスがうまくなる女性を支援するのもアリだなとおもいました。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.